スポンサーリンク



iPhoneで旅行先やパーティなどの動画と撮ったことはないでしょうか。動画は思い出をとっておくのに最適なツールです。しかし長時間の動画には関係のない場面や、手振れなどによる画像の乱れが生じる場合があります。

そのような時に重宝するのがアイムービーです。アイムービーは動画を無料で編集できたり、テロップや音楽を挿入することも可能です。今回はアイムービーの使い方をじっくり詳しく紹介していきます。

基本の基本の使い方

アイムービーの基本的な使い方から紹介していきましょう。すべての作業はiPhoneの画面上でおこなうことが可能です。PCに繋げたりなど他のデバイスを使用しないと出来ないということはありません。アイムービーの基本操作を覚えて楽しい編集作業をしていきましょう。

アイムービーのアプリのアイコンをタップします。「プロジェクトを作成」をタップし、新規プロジェクトの「ムービー」か「予告偏」を作成するか選択ができるので「ムービ」を選択します。

画面下の青文字で表示されている「ムービーを作成」をタップします。

動画を取り込みます。真ん中より上に「+」マークがあるのでタップし「ビデオ」を選択します。次に「すべて」をタップするとアプリ内の動画がすべて表示されます。使用したい動画を選択すると黄色の枠に囲まれます。「+」マークをタップして必要な動画を次々選択していきましょう。

文字の入れ方

アイムービーの編集で文字の入れ方を説明していきます。文字入れをすることによって動画のタイトルを表示させることが可能になります。動画によっては場所のや物の説明が必要です。そのような時に編集を使って文字を入れていきましょう。

アイムービーのアイコンをタップしたらプロジェクトに表示されている「My Movie」を選択してください。次に画面真ん中に「編集」があるのでタップします。

画面真ん中にムービーの尺が表示されているのでタップします。枠が黄色く表示されたら画面したの「」を選択しテキストスタイルを選択します。演出上どのような文字を表示させるかが演出の見せ所になります。

タイトルを入力」をタップすると文字の入力画面が出てくるので、動画に合ったタイトルを自由に入力してください。画面左上の「完了」を押せば反省されます。最初の編集画面に戻り「My Movie」をタップすると動画の題名も編集することが可能です。

音楽の入れ方

アイムービーで音楽の入れ方を紹介していきましょう。動画に音楽を挿入すると思い出に詰まった想いがより伝わる演出をすることができます。動画の動きやシチュエーションに合わせた音楽を選択し、より演出の凝った編集を覚えていきましょう。

アイムービーのアイコンをタップしたらプロジェクトに表示されている動画を選択します。「編集」をタップしたら画面真ん中の左にある「」マークをタップします。次に「オーディオ」をタップし「サウンドトラック」「マイミュージック」「サウンドエフェクト」から選択をおこないます。今回は、動画全体の音楽を編集するということから「サウンドトラック」を選択します。

内蔵されている多くの音楽からご自分の動画に合う音楽を探っていきます。アイコンをタップすると自動で再生されるので実際に聴いてみて探していきましょう。テンポや使用している楽器も違うので全部聴いてみることをお勧めします。

音楽が決まったら曲の右側「」マークをタップします。タップすると動画編集画面に自動で移ります。緑の線をタップし、選択した曲を動画のどの部分まで流すかを決めることができます。動画の途中まで使用する場合には、緑の線をタップし黄色枠になったら、縦の白い傍線を左右に動かします。使用する場面までスライドさせれば終了となります。

保存の仕方

アイムービーでの編集の保存方法を説明します。アイムービーで忘れてはいけないのが「保存」です。せっかくこだわって編集したにも関わらず、保存をし忘れてしまったら作業は最初からになります。かならず画面左上の「完了」をタップし保存してください。

動画の編集は一気にやろうとせず、少し編集をおこなったら一度「完了」をタップしこまめな保存をするようにしてください。

カットの仕方

動画編集において重要なカットの仕方を紹介していきます。動画には不要な部分がある場合があります。長い動画となると尚更です。短く編集する際にはカットしなければならない部分が出てくるからです。手振れや動画の乱れなども、無かったように演出するためにはカットして編集でうまく繋げてください。

アイムービーのアイコンをタップしプロジェクトを選択します。画面真ん中の編集をタップし編集画面にしてください。

画面真ん中の左側に表示されている動画全体をタップします。動画が黄色の枠で囲われたの確認したら、左にスライドさせて動画の長さを調節します。その際、時間が画面に表示されているので、数字と動画の場面を照らし合わせながら調整をおこないましょう。編集が終わったら忘れずに「完了」をタップし保存してください。

dvdに焼く方法

動画を編集したらdvdに焼いてみましょう。編集された動画はiphoneの画面上で見ることができますが、遠く離れた祖父母に送る場合もあることでしょう。そのような場合はdvdに焼くことでメディアとして残すことができます。

iPhoneに保存されている動画をパソコン上に移してください。移す際はiPhoneから直接パソコンへ移動させても良いですし、USBなどを使用しても構いません。

パソコンに入っているメディアプレイヤーへ取り込みdvdに焼いて終了となります。長時間の動画でなければ最高品質のHD-1080pで書き出してよいでしょう。

縦の動画

縦の動画を横向きに編集する方法を紹介していきます。動画を撮影したときにiPhoneの向きを変えて撮影をおこなうと、再生した際に縦向きの動画になっているときがあります。

横向きで編集をしたい場合には、アイムービーの編集画面で指二本で回転をさせると向きが変更できます。縦の動画を横にしたり、横の動画は縦にすることが可能です。最後に必ず「完了」をタップし保存してください。

感想

子供の誕生日の際にケーキのロウソクを消す瞬間を動画におさめました。その後、iPhoneのアイムービーにてタイトルと音楽を挿入し編集をおこないました。

直感的にできる簡単な編集作業でしたが、出来上がった動画は編集前と比べると格段に良くなっていました。成長した後に見返すこともあると思うので大事に保存しておきましょう。

まとめ

アイムービーはiPhoneの動画を編集することができるアプリです。動画にタイトルや音楽を挿入することができます。長い動画を短くカットし編集したり、dvdなどのメディアにも保存することが可能です。

動画は思い出の宝箱です。家族や友人の大切な人生の瞬間が詰まった動画をアイムービー編集し、思い出話の際に披露してみてはいかがでしょうか。

今後のイベント

今後のイベントはありません