スポンサーリンク



マイホームを購入しようと決めた場合、まず頭をよぎるのが予算です。平均どれくらい掛かるのか、月々の支払はどのくらいになるのかなど分からないことばかりです。そんなとき、事前にシミュレーションができるサイトやブログが存在しています。あなたの力強い味方となってくれることでしょう!

オススメのシミュレーションツール

住宅購入金額を無料でシミュレーションできるサイトがあります。住宅メーカーへ足を運ぶ前の事前準備で活用してください。購入できる住宅のおおよその目安を付けることができます。

SUUMO(スーモ)https://suumo.jp/sp/apps/loansimulator/index.html

建屋の金額、住宅ローン金利、頭金・ボーナス払い、支払期間をシミュレーションできます。設定によって月々の支払金額の目安がわかります。例えば2000万円と3000万円では月々の支払金額でどのくらいの差がでるか一目でわかります。マウスだけで操作でき、キーボードで数字を打ち込む煩わしさがないのでオススメです。

失敗しない予算の決め方

住宅を購入する際に、しっかりとした予算と設定しなくてはなりません。購入する際に掛かる費用には、住宅本体価格、土地価格(建売除く)、諸費用などが発生します。

予算の決め方は、これらの各費用がどれくらい掛かるのかを事前に知ることから始まります。返済の目途をつけることができるので、建ててから返済できないという状況を回避できます。

返済額の算出

まずは1ヶ月に支払うことができる金額を算出します。比較的負担の少ない支払額は「年収×25%」が目安とされています。

例えば年収600万だった場合、月々12万5千円となります。この金額はあくまで目安です。家族構成だったり、車のローンなどがある場合は、月々の支払額を低く見積もる必要がでてきます。

固定資産税

住宅をもつと毎年掛かるのが固定資産税になります。固定資産税はその名の通り所有する固定資産に対して課せられる税金です。家屋や土地になどが対象になっており、評価額×標準税率(1.4%)で算出されます。

地価が高い、土地が広い、延床面積が広い、高価な資材や設備を使用している場合は高額になる可能性があります。3年に一度見直しがされ金額が決定されます。毎年5月あたりに封書で届き、6月、9月、12月、2月の4回に分けて支払うか、一括で支払うかを選択できます。

ご自身が購入しようとしている地域の固定資産税がどの程度になるかは、住宅メーカーの営業マンに聞くとよいです。おおよその金額を教えてくれるはずです。毎年必ず掛かる税金のため、購入後は月々の支払額とは別に毎月積み立てをおこなうことをオススメします。

建物の維持費

住宅は経年劣化を伴います。マンションは修繕積立や管理費を強制的に支払いますが、一戸建てはすべてご自身の責任になり、修理修繕をおこなう必要があり、おおよそ10年間で150万円ほどになります。

具体的には外壁・屋根の再塗装、エコキュートなどの給湯器の交換(故障したら)、HIクッキングヒーター交換(故障したら)、水道・お風呂の水回りなど多岐にわたります。

故障しなければそのまま使用してもよいですが、いずれ使用できない日が必ずきます。設備は突然壊れる場合がありますので、あらかじめこのような費用が生じるということを念頭に置きましょう。

年収別のマイホーム平均額は?

年収別によるマイホーム購入金額の平均額を紹介していきます。返済可能かどうかの目安としてください。住宅ローンの返済額は年収の25%が安全ラインとされています。金利1.5%、35年ローン、ボーナス払いなしでの試算となります。

■年収300万円2040万円

■年収400万円2720万円

■年収500万円3400万円

■年収600万円4080万円

■年収700万円4760万円

家賃で比較

現在住んでいる家が賃貸で、つぎはマンションか一戸建を購入しようと計画を立てる方もいることでしょう。その場合、家賃の金額で購入できる住宅の目安にすることができます。家賃を住宅ローンに置き換えた考え方です。賃貸では駐車場代もかかりますが、一戸建ですとかかりません。その分の費用は家賃に組込んで検討をおこなってください。

■家賃7万円2280万円相当(一戸建て・マンション)

■家賃8万円2610万円相当(一戸建て・マンション)

■家賃9万円2940万円相当(一戸建て・マンション)

■家賃10万円3260万円相当(一戸建て・マンション)

■家賃11万円3590万円相当(一戸建て・マンション)

■家賃12万円3920万円相当(一戸建て・マンション)

■家賃13万円4240万円相当(一戸建て・マンション)

■家賃14万円4570万円相当(一戸建て・マンション)

■家賃15万円4900万円相当(一戸建て・マンション)

年収300万でも買える?

年収300万円でも住宅(一戸建て・マンション)は購入可能です。目安の購入金額は1500万円から1800万円の間になります。この金額であれば無理なく住宅ローン返済は可能です。月額の支払額は5万円後半であれば良いでしょう。新規で住宅ローンを組むときは、ネットバンクなども視野にいれると良い条件で借り入れることも可能です。色々な銀行を比較して決定していきましょう。

オススメ実体験ブログ

これから自分の住処を購入しようとしてる方にオススメのブログがあります。ご自身がこれから準備するべきことや、心構えなど非常に有益な情報源となります。失敗しないためにも色々な方の実体験を参考しに、これからの計画に役立ててください。

かうまえブログhttps://ouchi-kaumaeni.com/

にほんブログ村https://house.blogmura.com/tateurihouse/ranking/in

スムログ(マンション特化)https://www.sumu-log.com/

感想

自身が購入したときは、まだネットに便利なシミュレーションできるサイトがありませんでした。現在では非常に便利で分かりやすいサイトがあるので、知識ゼロからでも心強いと感じます。ブログも豊富なので他の方の実体験を自分に置き換えて考えることができます。夢のマイホームは誰もが失敗したくありません。そのため、事前準備をしっかりおこなうことが重要です。

まとめ

マイホームを購入する場合、事前に知っておくことや、おこなうべき項目があります。月々の支払金額のシミュレーションや、維持費についての知識です。現在では無料で使えるシミュレーションサイトや、実体験ブログも多数あります。ほとんどの方が一度購入すれば終の棲家になるマイホームです。失敗しないためにも事前の準備は入念におこなっていきましょう。

今後のイベント

今後のイベントはありません