スポンサーリンク



マイカーを持つ場合、頭金を支払いローンを組むのが通常ですが、マイカーリースというものが存在しています。リースとは一体どのようなものなのか、メリットとデメリットを比較しながら検証をおこなっていきます。

マイカーリースとは?

マイカーリースとは、月々決まった金額で車が乗れるサービスのことです。車を持つと車検や毎年の税金などの維持費がかかります。しかしマイカーリースではそのような費用はかかりません。すべて月々に支払う金額に含まれているのです。

リースとローンで購入の違い

カーリースとカーローンの違いはなんでしょうか。どのような違いがあるのか項目ごとに比較説明していきます。

頭金

カーリース不要

カーリースは基本的に頭金なしで契約が可能です。初期費用がなくすぐに利用できるメリットがあります。

カーローン必要な場合が多い

カーローンの場合は、頭金が必要となる場合が多いです。相場としては購入費用の約10%から20%くらいになります。

メンテナンス費用

カーリース不要

メンテナス費用を月々に支払う費用に組み込むことが可能です。そのため、急なバッテリー交換や、忘れがちなオートマオイル、定期的に必要なブレーキパッド交換などをメンテナンスパックでおこなうことができます。

カーローン必要(自分でおこない、自分で支払う)

車はいつどこでどのように故障するかわかりません。ワイパーゴム交換くらいなら平気ですが、大きな故障となるとその都度費用を自分で用意しなくてはなりません。

維持費(自賠責、自動車税、重量税、車検)

カーリース:※必要

カーリースでも自賠責や自動車税、重量税や車検など法律で定められている維持費はかかります。しかしカーローンと違うとことは、これらの費用が月々のリース料金にあらかじめ含まれており、一定額づつ支払っていきます。振り込みなどの銀行手続きはリース会社がすべておこなってくれるのも楽でよい点です。

カーローン必要

カーローンではもちろん法律で定められている維持費はかかります。カーローンの場合は、まとまった費用を自分で準備しなくてはならない点が挙げられます。車検と自動車税が重なってしまうとかなりの出費となります。

値引き交渉

カーリース不要

ディーラーとの価格交渉は不要です。リース会社がディーラーと会社間で条件を得ているため必要ありません。会社間での交渉となるので数台、もしくは数十台の契約になる場合、個人では到底出ない金額提示も予想できます。

カーローン必要(自分で)

ディーラーとの交渉はすべて個人でおこなうことになります。担当営業によって値引額に差がでるほか、直営のディーラーとフランチャイズのディーラーでも価格差が生じます。

カーローンでは金利も考えなくてはいけません。自分が購入しようとしている車種がキャンペーン中か否かによっても1%もの金利差が生じる場合があります。

リース会社一覧

ナイル株式会社おトクにマイカー定額カルモくん

東京都品川区にある会社です。創業は2018年とかなり若い会社になります。運営会社がIT企業のため、スマホと提携したサービスやキャンペーンが多くあります。

カーコンビニ倶楽部株式会社もろコミカーコンカーリース

東京都港区にる会社です。設立は2007年でFC加盟店もふくめて全国に1000店舗以上あります。全国でサービスを受けられるのが魅力で、ネットからの申し込みでさらにお得になるサービスもあります。

株式会社オリコオートリースオリコオートリース

東京都台東区にある会社です。設立は2008年になります。クレジット会社のOricoの関連会社で業界トップクラスの契約者数をほこります。コアラクラブという代理店グループもあり、こちらでありが10(とう)というスタートキャンペーンを実施中です。

オリックス株式会社カーリースオンライン

東京都港区にある会社です。設立は1964年となっています。オリックス自動車が運営をおこなっているのが、カーリースオンラインとなります。特徴としては新車はもちろん中古車も見積もりが可能となっており、これがオリックスだけがおこなっているサービスになります。

メリットは?

メリット①頭金不要で車を持つことができるので、車のためにまとまった金額を用意しなくてよい。

メリット②月々定額で乗ることができ、将来かかるであろう維持費(自動車税や重量税など)も含まれているので急な出費の心配がありません。

メリット③メンテナンスパックで故障時も安心できる。月々の定額にメンテナンスパック費用も追加すれば、突然の出費(ブレーキパッド交換、オートマオイル、バッテリー交換など)の心配がありません。

デメリットは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デメリット①走行距離に制限がある。カーリースは契約によって年間の走行距離が定められています。契約した条件で走行距離をオーバーしてしまうと超過料金が発生する場合があります。

デメリット②:カーリースの車を最終的には自分のものにしたい場合、現金払いで購入した場合や、カーローンを組んだ場合より高くなることがあります。カーリースは月々定額がメリットなので、総合的に安く済ませたい場合はおすすめできません。

デメリット③:仮に事故などで車が全損になった場合、途中解約となるので残りの契約リース料や、残価金額を一括で支払わないといけません。残りの期間によって異なりますが、大きな金額となってしまう可能性があります。

トラブルの種類と対応策

走行距離超過による請求

契約によって走行距離を設定しています。もし返却時に走行距離が超過している場合は、追加請求を支払わなければなりません。超過料金はリース会社によって異なりますが1kmにつき5円から10円となっています。超過距離によっては返却時に多額の出費が生じる可能性もあります。

原状回復の費用

車を返却する際は契約時と同じ状態で返すのがルールとなっています。もし色々な改造などを行てしまった場合、原状回復の費用として多額の出費が生じてしまう可能性があります。そのため、基本的に改造やカスタマイズは行なわないほうがよいでしょう。

途中解約ができない

カーリースでは一度契約をした場合は、その契約期間の途中で解約をすることはできません。契約は5年、7年、9年を長期にわたるので、将来的なことをしっかりと考えて契約をおこないましょう。もしどうしても途中解約をしたい場合は、解約金を支払うことで可能になります。

感想

頭金なしで月々定額で車を使用できるのは非常に魅力的だと感じます。維持費やメンテンナンス費用もあまり考えなくてよい点もプラス材料です。普段電車などでの移動がおおく、休日に旅行やドライブを楽しむための車であったらマッチします。

しかし、通勤通学、普段の買い物もすべて車を使用している場合は、反対にコスト高になる可能性があります。メリットとデメリットをしっかりと把握したうえで選択していきましょう。

まとめ

マイカーリースは月々定額で車を持つことができるサービースです。カーローンのような頭金は不要ですぐに乗ることができます。維持費やメンテナンス費用も月々の費用に組込むことができるので、故障などの突然の出費にも強い味方になります。

しかしデメリットも存在していることを認識しておきましょう。契約には走行距離の設定があり、返却時は契約時と同じ状態で返却しなくていけません。契約する場合はご自身の生活スタイルや、お住いの地域のインフラもしっかりと考慮して決めていきましょう。

今後のイベント

今後のイベントはありません