スポンサーリンク



今、世界中を騒がせている『コロナウィルス』

コロナウィルスに感染すると『どのような症状があるの?』『初期症状に下痢や嘔吐、微熱が出るの?』『インフルエンザとはどう違うの?』など症状や感染した際の対策などコロナウィルスに関する情報をお伝えします。

どんな症状なの?

これまでに、人に感染する「コロナウイルス」は、7種類見つかっており、その中の一つが、昨年12月以降に問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。

このうち、4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。

コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀(まれ)です。また、アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。

コロナウィルスの症状としては以下の症状が挙げられます。

【症状】

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

日本人感染者の数と最新情報が見れるサイトは?

厚生労働省では以下のように発表している

国内感染者は780名である。(2020年3月15日時点)
内訳は、患者692名、無症状病原体保有者78名、陽性確定例(症状有無確認中)7名。
これに加え、空港検疫で患者1名、無症状病原体保有者2名が確認されている。
また、退院者は157名(患者134名、無症状病原体保有者23名)。

【内訳】

・患者693例(国内事例681例、チャーター便帰国者事例11例、空港検疫1例)
・無症状病原体保有者80例
(国内事例74例、チャーター便帰国者事例4例、空港検疫2例)
・陽性確定例(症状有無確認中)7名(全て国内事例)
うち日本国籍583名、退院者157名(患者134名、無症状病原体保有者23名)

【最新情報が確認できるサイト】

国立感染症研究所

https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/9303-coronavirus.html

厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

世界の総感染者数は?


世界各地で連日、数百の新しい感染者が報告されています。

しかし、多くの感染者は報告も確認もされていないだろうと思われている。

昨年暮れに中国・湖北省で始まった集団感染を皮切りに、韓国、イタリア、イランなどでアウトブレイク(大流行)が発生し、今では世界中の感染者は約10万人を超えているそうです。

潜伏期間

世界保健機関(WHO)のQ&Aによれば、現時点の潜伏期間は1-12.5日(多くは5-6日)とされており、他のコロナウイルスの情報などから、感染者は14日間の健康状態の観察が推奨されています。

原因は何?コウモリ?

近年、動物由来と考えられる2種類のコロナウイルスが発生しヒトに感染し流行しました。

2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。

新型コロナウイルスが動物由来であるとの確定的な証拠は見つかっていませんが、その遺伝子配列が、コウモリ由来のSARS様コロナウイルスに近いため、コウモリがこの新型コロナウイルスの起源となった可能性が考えられています。

いつまで影響はつづく?

新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、イベントやセミナーの中止、学校の休校、公共施設やレジャー施設の閉鎖など、これまで以上に国の方針が厳しい方向へ転じることで私たちの生活への影響が大きくなっています。

果たして、これがいつまで続くのか?

ウィルスの潜在期間は2週間と言われています。

また、高湿度や高い温度によりウィルスは潜在しにくく、インフルエンザと同等に考えれば、流行してから2〜3ヶ月とも予想されますが、分かりません。

予防策

まずは、一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。

具体的には、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などを行い、できる限り混雑した場所を避けてください。また、十分な睡眠をとっていただくことも重要です。
また、人込みの多い場所は避けてください。屋内でお互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすときはご注意下さい。

【1】手洗い

ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。

【2】普段の健康管理

普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。

【3】適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。

まとめ

いかがでしたか?

今現在もコロナウィルスの感染は、世界中で広まっています。

一人一人が意識持って、上記のような対策や感染の疑いがある際には速やかな対応が必要になります。

皆さんでこの困難を乗り切りましょう。

今後のイベント

今後のイベントはありません