スポンサーリンク



「マイル」は皆さんもご存じですよね?
航空会社のポイントプログラムであり、飛行機を利用したり、クレジット払いでお買い物するとポイントが貯められ、無料の航空券(特典航空券)がもらえたり、エコノミークラスからビジネスクラスやファーストクラスにアップグレードできます。
そんなマイルの効果的な貯め方について、クレジットなしでポイントを貯める方法やより効率的なポイントの貯め方などをお伝えします。

初心者におすすめの方法は?

定番ではありますが、飛行機をよく利用される方は、マイレージプログラムに入会し、飛行機を利用することです。
マイレージプログラムはクレジット機能なし、入会費・年会費無料で利用いただけます。
クレジットカードを利用している方は、普段のお買い物や支払いをクレジットカードで支払うことでクレジットカードのポイントをマイルに替える方法です。
現在では、さまざまクレジットカード会社があり、マイルに対応している商品も多数存在します。

おすすめのクレジットカード

三井住友Visaクラシックカード

年会費:初年度無料、次年度以降一度でもカードを利用すれば無料
ポイント還元率:0.5% ~ 10%
申し込み資格:満18歳以上
発行スピード:最短翌営業日

セゾン・プラチナカード

年会費:初年度無料(期間限定)、次年度以降10000円(条件付き)
ポイント還元率:0.75% ~ 12.25%
申し込み資格:学生・未成年を除くご連絡が可能な方
発行スピード:最短3営業日

三井住友Visaデビュープラスカード

年会費:初年度無料、次年度以降無料(条件付き)
ポイント還元率:1.0% ~ 10.5%
申し込み資格:18歳 ~ 25歳
発行スピード:最短翌営業日

クレジットなしでマイルを貯める方法

ANAユーザーなら

マイルカード初心者にオススメなのが、ANAマイレージクラブの一般会員カードを使用方法です。
「ANAマイレージクラブカード」は、ANAマイレージカードの中でも最もベーシックなカードです。
搭乗区間ごとに定められた基本マイルを貯めることを主目的としたシンプルなカードなので「マイルカードを持つのは初めて」という人におすすめです。
区間基本マイル以外では、電子マネー機能「楽天Edy」が付いているため「楽天Edy」の支払いでも200円=1マイルが貯まります。
区間基本マイル以外では、電子マネー機能「楽天Edy」が付いているため「楽天Edy」の支払いでも200円=1マイルが貯まります。

JALユーザーなら

「ANAマイレージクラブカード」とほぼ同じ内容である、「JMBカード」がオススメです。
「JMBカード」は、電子マネー「WAON」の機能がついたものとそうでないものの2種類があり、好きなほうを選んで自由に申し込むことができます。
クレジット機能がありませんので、審査の必要もなく、JALマイレージバンクの公式ページ上からすぐに発行手続きが可能です。年会費や発行手数料も、いずれも無料となっています。
「WAON」の支払いでも200円=1マイルが貯まります。

クレジットなしの裏技は?

マイルの貯め方としては、飛行機を利用する以外にも下記の方法があります。
※私個人はJALユーザーなので、JALマイレージクラブカードのサービスを例にご紹介致します。

宿泊や旅の準備で貯める

たとえば世界各地に15,000以上ある、JALの提携ホテルを利用することでも、マイルを貯めることができます。
特にお得なキャンペーン中のホテルであれば、ボーナスマイルをもらうことも可能です。
その他、国内の温泉旅館の宿泊や、旅行の際の宅配サービス、レンタカー利用などによってもマイルを貯めることができます。
いずれも対象となる施設や会社が決まっていますので(マイルパートナー)、 マイルカードの公式ページでしっかりチェックするようにしましょう。

ショッピングで貯める

全国に約10,000店舗ある「マイルパートナー」に指定されているお店での買い物の際に、JMBカードを提示するだけで、マイルが付与されます。
もらえるマイルはお店によっても異なりますが、100円の買い物につき1~2マイルが一般的です。
時期によって、ポイントアップのキャンペーンを行なっている店舗もあります。
またオンラインショッピングでは、400店舗以上が参加する「JALマイレージモール」というサイトを経由して各ショップにアクセスするだけで、マイルを貯めることができます。
JALマイレージモールで、JMB会員ログインをした状態でショップにアクセスすることで、マイル加算の対象となりますので、各ショップに直接アクセスしないように気を付けましょう。
JALマイレージモールには、amazonやユニクロ、ベルメゾンなど、多数の有名ネットモールが参加しています。
またお店によっては、ポイントアップのキャンペーンを実施していますので、ぜひチェックしたいところです。
基本の付与マイルとしては、たとえばamazonでは「200円の買い物につき1マイル」、ユニクロでは「300円の買い物につき1マイル」となっています。

電子マネー WAONで貯める

電子マネーWAONの機能がついたJMBカードでは、WAONを使って買い物をするだけで「200円につき1マイル」を貯めることができますので、とてもお得です。
JMBカードにWAONをチャージできる場所としては、WAON加盟店の店頭レジ、全国のイオンや空港などに設置されている「WAONステーション」という専用端末、イオン各店に設置されている「WAONチャージャー」という専用チャージ機、イオン銀行のATMなどがあります。

クレジットありのanaカードと楽天カードの比較

楽天カードには通常の「楽天カード」と「楽天ANAカード」があります。
違いは以下になります。

楽天カード

年会費:無料
入会特典:最大8000ポイント
基本ポイント還元率:1%(100円に付き1ポイント)
貯まるポイント:楽天ポイント

楽天ANAカード

年会費:500円(初年度無料、次年度以降一回以上利用で無料)
入会特典:最大9000ポイント
基本ポイント還元率:
 楽天ポイント → 1%(100円に付き1ポイント)
 ANAマイル → 0.5%(200円に付き1ポイント)
貯まるポイント:楽天ポイント or ANAマイル

クレジットありの裏技は?

シンプルなのが、「クレジットなしの裏技は?」でご紹介した内容の「【宿泊や旅の準備で貯める】」「【ショッピングで貯める】」「【電子マネー WAONで貯める】」方法です。
その他、クレジットカードを効率よく貯める方法として、以下の方法があります。

ポイントサイトを経由して貯める

モッピーやハピタス、ポイントインカム等がマイルが貯まりやすいと言われています。
しかし、サイトややり方いよって、直接マイルに交換する際に交換率が低く損してしまうこと
もあるので注意!

「ANA TOKYUカード」を利用する

ANAマイルを貯めたい場合は、「ANA TOKYUカード」を経由してANAマイルに交換します。
ポイントサイトのポイントは約75%のANAマイルにすることができます。

陸マイラーになるには?

陸マイラー(リクマイラーまたはオカマイラー)とは、飛行機に乗らずショッピングなどでクレジット払いを利用しマイルを貯める人のことです。
ショッピングや、公共料金の支払い、電子マネーの支払いなど普段の生活に置いて利用しています。

モッピーとは?

ネットショッピングをで購入したり、広告サービスなどの利用するにあたり、経由するとポイントが貯まり、現金や他のポイントに交換できたりするポイントサイトです。
無料で会員登録ができ、1P=1円で貯まったポイントをAmazonやWAON、T-POINTなどに交換できます。
もちろんマイルにも交換できます。
詳細はこちら↓

まとめ

いかかでしたか?
マイレージを貯める方法について、たくさんの方法がございます。
個人の生活スタイルに合わせて、効率よくポイントを貯めましょう。
そして、お得な航空券ををGETしましょう。

今後のイベント

今後のイベントはありません