スポンサーリンク



2分の1成人式とは、成人の半分の年齢である10歳を迎えたときに行う記念行事です。学校内や自治体、そして家庭内で行われることが多く、写真撮影やお祝いのプレゼントを贈ったりします。行事の内容や男女別のプレゼントについて紹介をしていきます。

男女別オススメのプレゼント

2分の1成人式で親がお子さんにプレゼントを渡す場合、どのようなものを選んでいるのか男女別で紹介をしていきます。

男の子

■ゲームソフト■ラジコン■自転車■スポーツ用品■財布(子供用)■時計(キッズ用)

女の子

■かわいい文房具セット■ジュエリーボックス■ネックレスなどのアクセサリー■リュックやバック

男女ともに予算5,000円~10,000円が主流です。写真館で袴を着ての記念撮影や、親から手紙を添えてプレゼントを渡したりなど、各家庭でプレゼント内容は様々です。

2分の1 成人式 にぴったりの歌は?

2分の1成人式で歌われる曲名はどんなものがあるのでしょうか。多くの学校で採用され実際歌われている曲名を紹介していきます。

■10歳のありがとう■十歳の記念日■二分の一成人式■どんなときも■ゆうき■伝えたい言葉

■半分大人■マイ・ドリーム■赤いやねの家■いのちの歌■あなたにありがとう■ぼくの太陽■100%勇気

■心の道のり■大切なもの■君をのせて■With You Smile(ウィズ・ユー・スマイル)■Believe(ビリーブ)

定番は10歳のありがとうや、どんなときものようですが年月が経つにつれて変化しています。どの曲にするかは歌詞の内容を吟味し決定しますので、学校ごとの特色があらわれます。児童たちは自分たちの成長を見てもらい、保護者や先生方に感謝の気持ちを伝えます。

式の内容は?

小学校の行事で行われることが多いため、授業参観のように保護者が参加できるようになっています。学校によっては生徒のみの参加で、全校生徒でお祝いする場合もあります。

開催時期

行事が行われる時期は4年生の1月から2月が多く、10月から11月に行われる場合もあります。学校によって異なりますが、学年行事で行う場合と、クラス単位で行うとで分かれます。行事自体は1時間ほどの枠で進行するのがほとんどです。

内容

式の内容は学校によって様々ですが、おおよそプログラムに組まれる内容が以下の項目となります。

■校長先生からのお祝いの言葉:これは絶対に外せません。校長不在時は教頭先生が行います。

■保護者代表のお祝いの言葉:PTA代表の方がやられるのがほとんどです。

■児童による合唱や合奏

■児童ひとりづつによる親への感謝や、将来についてなどの作文発表

■2分の1成人証書の授与もしくは、児童ひとりづつに渡されるお祝いの品

自分史を作って家族に感謝

生まれてから10年の節目をお祝いする2分の1成人式。自分自身の10年の歴史を振り返り、これからの自分をイメージしながら作成するのが自分史です。学校行事のため決められたワークシートが用意されていることが多いです。頑張った思い出や、将来への夢や希望などを踏まえて家族に感謝を伝えます。

ねらいは?

2分の1成人式は、文部科学省が教育課程を編成する指導案である「学習指導要領」に記載されているわけではありません。そのため全国すべての小学校でおこなう行事ではないのですが、取り入れている小学校は多数あります。参観日と同じく授業の一環としておこない、小学4学年の年間行事として浸透しつつあるのが現状です。それではこの行事をおこなうねらいは一体どんなことなのでしょうか。

10歳の節目

この世に生を受け10年の月日が経ったということから、成人の半分である2分の1成人式と位置づけし、自分の将来の生き方について考えてもらうねらいがあります。

高学年への自覚

4年生の後半に行われる行事のため、年度が変わると4月からは高学年である5年生に進級します。そのため高学年としての自覚を促していくねらいがあります。

一歩づづ成長していく過程において、自分自身を見つめさせ自己存在感や自己肯定感を持たせていき、自尊心を養っていくためにも必要な行事です。

親としての感想

自分の子はもちろんですが、よく遊びに来ている同学年の子の成長にもグッとくるものがあります。成長したなぁと思うところとあれば、まだまだ子供だなぁと思う部分もあり、親としてはどちらがいいのか迷うところです。成長してほしい反面、ずっとこのまま子供のままでいてほしいなぁと複雑になります。いずれ親元を離れひとり立ちしていきますが、それまでは同じ時間を過ごしお互いに成長していきたいですね。そして迎える20歳の成人式では、2分1成人式の思い出話をできたらいいなと感じます。

まとめ

2分の1成人式は小学校4学年で行う学校行事のひとつです。10歳の節目を祝うとともに、自分の親や先生に感謝を伝える場となります。親は自分のお子さんの誕生から10年を迎え、成長した姿を感じることができる機会となります。式では合唱や合奏、作文発表などがプログラムされており、自宅では記念撮影やプレゼントを渡したりなど、記念イベントとして定着しつつあります。

今後のイベント

今後のイベントはありません