スポンサーリンク



『池井戸潤』と聞けば、知らない人はいないでしょう。

日本を代表する小説家であり、数々のヒット作品を世の中に出してきました。

出した小説の中には、ドラマ化や映画までされており、「半沢直樹」「ルーズベルトゲーム」

「陸王」「下町ロケット」など有名作品がある。

最新の映画情報や人物像、作品など池井戸潤の魅力をたっぷりお伝えします。

映画の新作2019年

2019年、最新の映画情報と言えば、2019年2月1日に公開された「七つの会議」。

監督は、池井戸の原作のドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの演出を務めた福澤克雄。

野村萬斎や片岡愛之助、香川照之、及川光博など数多くの大物俳優が出演する。

【あらすじ】

中堅電機メーカーの東京建電、鬼とも呼ばれる営業の絶対的な存在北川のもと、厳しい会議が開かれます。

エース坂戸課長の花の営業一課に対して、原島が課長を務める二課は地獄と呼ばれるほど業績も扱いも社内では悪い立場。

ただ、一課には北川の眼の前でも居眠りをするぐうたら万年家長ハッカクこと八角(ヤスミ)がいました。

原島としては八角位のお荷物は、一課のハンデとしてちょうどいいという思いました。

そんなある日、突然、坂戸がパワハラで訴えられます。なんと訴えたのは八角でした。

確かに坂戸は仕事に対して厳しい男でしたが、相手が八角であれば大したことにはならいと

思われましたが、なんと訴えは受け入れられ、坂戸は一課長の座から退くことになります。

空席となった一課長の席に座ったのは万年二番手の男である原島でした。

急な出来事に戸惑う原島、寿退社を控えた優衣もまた同じ思いでした。

八角が何かを仕掛けたと思った原島は、八角の行動を追います。

すると、八角は北川と同期入社で、ある時期まで驚異的な数字を挙げた敏腕営業マンでした。

さらに坂戸が退任すると同時に、トーメイテックというベンチャー企業から一度は契約を切った町工場ねじ六に転注があったことを突き止めます。

営業部門の足を引っ張りたい経理部門は、明らかにコストが上がるこの契約に疑問符を付けますが、北川はもちろん社長の宮野までこの新契約を容認する姿勢を見せます。

八角と営業部の動きを探った経理課長代理やカスタマー室長は、唐突な人事で地方に左遷されます。

営業課内だけでなく、社内の人事にまで影響力をみせる八角の動向を探る、原島と優衣。

その動きは八角にすぐに見透かされて、これ以上探ると戻ることはできないと忠告を受けます。

これ以上は、ネタバレになりますのでDVDをご覧下さい。

文庫本から映像化された作品たち

映画

・「空飛ぶタイヤ」

公開日:2018年6月15日

主演:長瀬智也、高橋一生、ディーン・フジオカ

七つの会議

公開日:2019年2月1日

主演:野村萬斎、片岡愛之助、香川照之、及川光博

ドラマ

【日曜劇場】

半沢直樹

放送期間:2013年7月7日 – 9月22日

主演:堺 雅人

ルーズヴェルトゲーム

放送期間:2014年4月27日 – 6月22日

主演:唐沢 寿明

下町ロケット

放送期間:2015年10月18日 – 12月20日(2015年版)

放送期間:2018年10月14日 – 12月23日(2018年版)

主演:阿部 寛

陸王

放送期間:2017年10月15日 – 12月24日

主演:役所 広司

ノーサイド・ゲーム

放送期間:2019年7月7日 – 9月15日

主演:大泉 洋

おすすめ作品

私が個人的のオススメするのが、以下3作品になります。

  • 半沢直樹
  • 陸王
  • ノーサイド・ゲーム

どれもメディアで話題になった作品です。

「半沢直樹」は2013年に流行語「倍返し」で有名ですね。

2019年に放送された「ノーサイド・ゲーム」はラグビーの話である。

放送中に日本で開催されたラグビーワールドカップと重なり、ドラマの影響もあり、空前ラグビーブームとなった。

新刊情報

日本中を熱狂させ、社会現象を巻き起こした池井戸潤の「半沢直樹」シリーズ。

本書は2020年春からのTBS日曜劇場「半沢直樹」続編(仮題)原作『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』2作を1冊にまとめた合本が2019年12月13日に発売。

https://7net.omni7.jp/detail/5110671067

作者もしくは作品の魅力とその理由

私が一番にハマったのが上記にもご紹介しました「ノーサイド・ゲーム」です。

社会人ラグビーを題材にした、ヒューマンドラマです。

出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていた中堅サラリーマンの主人公が、上司主導のプロジェクトに異を唱えたことで左遷され、成績不振にあえぐ自社のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを任される……

出世の道を絶たれ、知識も経験もないまま“ラグビー部の再建”という重荷を背負った主人公。

そして、かつては強豪チームだったものの今は低迷しているラグビー部。

境遇の重なる両者が、再起に向けてどう戦っていくのかが本作の見どころです。

まとめ

池井戸潤と言えば、企業やチーム、社会情勢などをテーマにした内容が多い印象です。

読者は、思わず感情移入してしまい、次はどうなるんだろう?最終的な結末はこう来たか!と、圧倒されるようなことがあり、魅了されてしまいます。

皆さんも是非、池井戸潤作品をご覧下さい。

今後のイベント

今後のイベントはありません