スポンサーリンク



お笑い芸人の枠だけでは語れないビートたけしさん、様々な方面で活躍をされています。そんなたけしさんの若い頃をご存知でしょうか?エピソードなども交えてご紹介していきます。

ビートたけしさんの若い頃はこんなにイケメン!?

ビートたけしさんはじつは体育会系で中学から高校までボクシングジムに通っていたそうです。なんと当時はプロ志望だったようですがプロテストを受けることなく、大学進学を選択します。映画では強面な役柄も多く、激しい演技もあるのでボクシングで養ったものが影響されているかもしれません。

プロフィール

本名:北野武(きたのたけし)

生年月日:1947年1月18日

年齢:72歳

身長:168㎝

血液型:O型

出身地:東京都足立区

最終学歴:明治大学工学部(現:理工学部)機械工学科除籍(のちに特別卒業認定)

職業:お笑いタレント,映画監督,俳優,司会者

所属事務所:株式会社T.Nゴン

トイレ掃除のエピソード

ビートたけしさんのトイレ掃除のエピソードをご存知でしょうか。ビートたけしさんが30年以上続けていること、それがトイレ掃除なんです。若いころに師匠から”トイレを綺麗に掃除しろ”と言われてからずっと続けているそうです。

そしてたけしさんはこんなことを言っています。「おれは、自分の好き勝手やっているだけで、人よりも才能があるとは思えない。しかし、テレビ番組をやっても、小説を書いても、映画を作っても、絵を描いても、なにをやっても評価されてしまう。おかしい・・・。

よく考えても、自分の才能でそれらをやれるわけがない。ただ、心当たりが、たった一つだけある。それは、若いころに師匠に”トイレを綺麗に掃除しろ”と言われてから30年以上ずっとトイレ掃除をやり続けてきた。自分の家だけでなく、ロケ先や公園、ときには隣の家のトイレ掃除もした。オレが成功しているのは、トイレ掃除のお陰かもしれない!」

トイレ掃除にはただ単にトイレを綺麗にするだけではなく、自分と向き合う場になるといいます。無心になることにより内なる自分の言葉に耳を傾ける。いろいろな考えや言葉が体中をめぐり、お笑いのネタや映画のアイデアなどが湧き出たのかもしれませんね。

名言集

“世代が違うと話が合わないなんて言うのは間違い。話が合わないんじゃなくて、話を引き出せない自分がバカなのだ”

“人の成功を喜べる人は幸せだ”

“天才とは運と才能と、あと努力・・・。ごく普通のことを人一倍やった人だよ。そして運は必要だよ”

“自分のために死んでくれる人間が何人いるよりも、そいつのためなら命をかけられるって、友達が一人でもいるほうが人間としては幸せだと思う”

“新しくやりたいことを見つけられて人は、相当運がいいと思う”

“夢は、夢。目標とは違うんだけど、勘違いしている奴が「夢をもっていなきゃ」なんてごちゃごちゃにしている”

“夢をもて目的をもて、やれば出来る。こんな言葉に騙されるな”

“こんな俺でも相方がいたからずっと芸能界やってこれた。これが別の相方だったら俺はすぐに終わっていたと思う”

“30過ぎて親を許せないやつはバカだ”

“勉強するから、何をしたいか分かる。勉強しないから、何をしたいか分からない”

“人生に幸せなんて求めること自体勘違いなんだよ”

“おいら、上に立つ人間っていうのは完全に孤独じゃなきゃいけないって思う”

“最後まで押し通せなかったらやさしさではない。途中でくじけるなら悪人になればいい。やさしさは根性です”

“友情というのはこっちから向こうへ一方的に与えられるもので、向こうから得られる何かではない。友情とは自分の相手に対する気持ちだ”

“世間では妙にありがたがっている部分もあるけど、若さって俺は大した特典ではないと思う。年齢は関係なくて、無茶をできるスピリットを持っているかが問題”

“感情というのは抑えるのが当然なのに解放するのがいいって風潮になってしまった”

“たけし、やっぱり芸は10年だな、ウンッと言われたけど、お前に言われたくねぇよ本気で思った”

出演予定の年末特番は?

ビートたけしさんの年末特番はこちらを予定しています。

12月23日(月)日テレ:世界まる見え!全員逮捕SP!マヌケなヤツらが大集結!スペイン空港は運び屋だらけ

12月26日(木)テレ東:チマタの噺SP たけしと鶴瓶が2019年重大ニュースをメッタ斬り!

12月28日(土)TBS:新・情報7daysニュースキャスター平成→令和のニュースワードランキングSP!!

たけしさんの好きなところとその理由

小さいときの記憶はオレたちひょうきん族のコーナーで、ビートたけしさん扮するタケちゃんマンと明石家さんまさん扮する敵キャラとの掛け合いです。鬼瓦権蔵のキャラも印象的で、手を前にかざし首をカクカク振りながら「冗談じゃないよ」のギャグを学校でもマネしていました。毎週とても楽しみにしていた記憶があります。

その後フライデー襲撃事件やバイク事故など様々な出来事をメディアで拝見しています。映画もアウトレイジなど何本か観ましたが、わたしの一番は「座頭市」です。大工や農民が道具をつかって作業をする音を映像とリンクさせての演出はさすがだなぁと感動をしました。この作品はヴェネツィア国際映画祭でも監督賞(銀獅子賞)を受賞されています。

お笑い芸人としてひとを笑顔にし、映画作品で感動を与える。それでいて後輩若手芸人にも優しいビートたけしさんの人柄ゆえ、まわりには自然と人が集まってくるのでしょうね。

まとめ

ビートたけしさんはお笑い芸人でもあり、映画監督、俳優そして司会もこなすマルチな方です。現在も渋くてカッコイイですが、若いころは超イケメンのたけしさん。いろいろな方面に影響力のある方なので今後の動向にも注力していきたいです。

今後のイベント

今後のイベントはありません