スポンサーリンク



スターウォーズシリーズ最新作!スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明けが12月20(金)に日米同時公開されます。スカイウォーカー家の物語がついに完結します。今作品の相関図を解説し、初めて見る方にも分かりやすく説明をしていきます。

 

最新の相関図

出典https://starwarsbu.com

エピソード6から30年後の物語となります。ハン・ソロは実の息子であるカイロ・レン(ベン・ソロ)により命を奪われてしまいます。ハン・ソロの妻レイアが率いるレジスタンス軍と息子カイロ・レン率いるファースト・オーダーとの戦いとなります。レジスタンス軍にはフォースの力を持つレイ、同じくフォースの力を持つ敵軍カイロ・レンとのライトセイバーでの戦いは見ものです。

主な登場人物の紹介

(C)2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

レイ(デイジー・イゾベル・リドリー)

クズ鉄を集めながら一人暮らしていたが、BB-8(ドロイド)を助けたことから物語は進む。フォースの力を宿しており、カイロ・レンやルークとの出会いにより強大な力が覚醒する。レイ役のデイジー・イゾベル・リドリーは今作「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」でシリーズからの卒業を発表しています。イギリスのロンドン出身の俳優で27歳。

カイロ・レン(アダム・ドライバー)

ハン・ソロとレイヤとの間に生まれ、本名はベン・ソロ。叔父がジェダイの騎士ルークであることからフォースの力を持っており、祖父であるダース・ベイダーを崇拝している。カイロ・レン役のアダム・ドライバーはアメリカ合衆国のカリフォルニア州出身で36歳の俳優です。

フィン(ジョン・ボイエガ)

はじめはファースト・オーダーのストームトルーパーで敵側でしたが、自身の中で戦争に対するさまざまな葛藤があり、結果レジスタンス側の仲間に加わる。イギリスのロンドン出身で27歳の俳優です。

ポー・ダメロン(オスカー・アイザック)

レジスタンスのパイロットリーダーを務めている。パイロットの腕は確かなものがあるが、意見の食い違いから独断行動を取ってしまうことも。ポー・ダメオン役のオスカー・アイザックの国籍はアメリカ合衆国ですが、出身はグアテマラのグアテマラシティです。ジュリアード音楽院を卒業しているので、うたも歌えギターも弾けてしまう俳優です。

レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)

ジェダイ騎士のルークは双子の兄。レイアはレジスタンス艦隊を率いる将軍です。夫のハン・ソロは息子のベン・ソロ(カイロ・レン)によって命を落とします。正義感の強い女性でどんな窮地でも諦めない生きる伝説。レイヤ・オーガナ役のキャリー・フィッシャーはアメリカ合衆国カリフォルニア出身の俳優です。2016年12月23日、ロンドンからロスへ向かう飛行機の中で心臓発作を起こし一時、一命は取りとめましたが、12月27日にお亡くなりになってしまいました。今作では、前作撮影時の未使用シーンを使い登場することになります。

わからない方必見!
あらすじをわかりやすい解説でご紹介!

今作スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明けは、エピソード9にあたる作品です。『スターウォーズ/フォースの覚醒』『スターウォーズ/最後のジェダイ』に続く3部作最終章となります。そして全米公開から42年の歴史を経て、スターウォーズシリーズのスカイウォーカー・サーガがいよいよ完結を迎えることになります。

今作のあらすじ

レイがいるレジスタンス軍とカイロ・レンがいるファースト・オーダーとの戦いにいよいよをもって決着がつくことでしょう。どのような形で終わるのか事前情報では正直わかりません。色々な憶測がとびかっており、予告映像を見るたびに楽しみ且つ、色々想像し混乱してしまいます。

本作のポスターはレイとカイロ・レンがライトセイバーを交えて戦おうとしている場面です。後ろには不気味に映る銀河帝国皇帝のパルパティーンが・・・。ジェダイは、レイとカイロ・レンしか残っておらず、この二人が最後を争うことは確定と思われます。ポスターには「–すべて、終わらせる」というキャッチコピーがあり、一体なにを指してすべて終わらせるのか妄想だけが膨らんでしまいます。12月20日(金)が待ち遠しいですね!

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」日本版ティザーポスター
(c)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 

おすすめの見る順番

人それぞれでいいのですが、私がおすすめするのが時系列です!

時系列順で

出典https://starwarsbu.com

ep1→2→3→4→5→6→7→8→9のエピソード順で見るのがいいでしょう(個人的に)。なぜならそれぞれのキャラクターの生い立ちがわかりやすく、ダースベイダーって幼少の頃はすごく可愛かったんだよ!って分かるのです。

ep1~3はダース・ベイダーの生い立ちが描かれています。彼がどこで生まれどのように育ち、なぜダークサイドへ堕ちていったのかが分かります。

ep4~6はルークやハン・ソロ率いる反乱軍と、ダークシディアス、ダースベイダーが率いる帝国軍との戦いです。ルークが自分の父がダースベイダーだと知ってしまうシーンを見ると、ep1からの経緯からグッとくるものがあります。

ep7~9はレイやフィンがいるレジスタンス軍とカイロ・レン率いるファーストオーダーとの戦いです。長きにわたって紡いできたスカイウォーカー・サーガがep9でフィナーレを迎えます。

最新作の感想

予告映像をみるたびに、レイがダークサイドに堕ちてしまうのか、もしかしてシスの末裔がレイなのか!?いやいや、最後はレイとカイロ・レンが共闘してパルパティーン皇帝を打ち倒し銀河に平和が訪れる!?でも、もしかすると二人とも共倒れになってそれが「すべて終わらせる」の意味なのか!?など色々と想像するだけの毎日です。一体どんな結末を迎えるのか・・・。

まとめ

12月20日(金)日米同時公開『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

■42年の歴史を締めくくるスターウォーズシリーズのスカイウォーカー・サーガがいよいよ完結!

今後のイベント

今後のイベントはありません