雪遊びが充実の関西の無料遊び場スポット5選!準備に役立つ情報もご紹介!

スポンサーリンク



もうすぐ冬の季節がやってきますね。

冬と言えば雪遊び。

今のうちから雪遊びの計画を立てておけば遊ぶ時も充実した時間が過ごせますよ。

今回は、雪遊びに役立つ情報を集めてみました。

無料の雪遊びスポットも載せてありますよ。

雪遊びが充実の関西のお出かけスポット5選!

滋賀清林パーク

ここは、一言でいうなら普通の公園ですが、場所が琵琶湖の周りにあって、積雪のある場所なので、積雪の時期は無料のスノーパークになるんです。

もちろん、普通の公園ですから、リフトもありませんし遊ぶ人のための食事や休憩する小屋もありませんが、その分全てが自由です。

雪合戦をしたり、鎌倉を作ったり、雪だるまを作ったりとスキー場ではできない遊び方ができますし、坂もあるので滑ることもできます。

道具も自分で用意することになりますが、工夫次第で遊び方は無限大に広がりますし、どんなに遊んでもお金が掛かりません。

普通にスキー場で遊ぶことに飽きた方や雪に面識がなくて雪そのものを満喫したい方、雪遊びにお金を掛けずに遊びたい方には最高の場所です。

この公園のほかにも、琵琶湖の周りの山間部の公園はスノーパークですから、自分で探して貸し切り状態のスノーパークを満喫するのもいいですね。

場所:滋賀県大津市木戸 志賀清林パーク

公園の紹介をしてくれているサイトがあったので参考にしてください:志賀清林パーク

若杉高原おおやスキー場

傾斜が緩やかな場所も多く、走行のエリアも開放的で広い上に滑走距離も長めなので、初心者にも優しく、上級者も楽しめるスキー場です。

本格的なスキー場ですが、価格は1日リフト券が大人4000円、中学生以下1000円、幼児無料(R1.11.2現在)と比較的安い値段設定です。

せっかくなら、上達したいという方には、1時間1000円のレッスンもありますから、気軽に楽しく上達しちゃうことも可能です。

場所:兵庫県養父市大屋町若杉99-2

電話:079-699-1576

公式サイト:若杉高原おおやスキー場

ひらかたパーク ウインターカーニバル

ほぼ都心部にある遊園地なので、山に行くのは、ちょっと大変だけど雪を楽しみたいという方にはぜひオススメです。

スキー場のようにスキーやスノーボードは楽しめませんが、ソリや雪だるまを作ったり、雪に触れて遊ぶことができます。

屋外スケートリンクもあるので、雪遊びと合わせてスケートを楽しむこともできますよ。

場所:大阪府枚方市枚方公園町1-1

電話:072-844-3475

公式サイト:枚方パーク

六甲山スノーパーク

大阪市内から車で60分の場所にあるので、スキーやスノーボードを楽しみたいけど、都心から近い所がいいという方におススメです。

ゲレンデが広いと仲間とはぐれたり、迷子になったりすることがよくありますが、ここでは大体の場所が見渡せるので、心配いりません。

傾斜も緩やかで、価格も日中のみのデイタイムチケット(大人中学生以上)が2200円と格安なので、初心者の方やスキーやスノーボードを気軽に楽しみたい方には最高の場所です。

場所:兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98

電話:078-891-0366

公式サイト:六甲山スノーパーク

ハチ・ハチ北スキー場

ハチ高原スキー場とハチ北高原スキー場が一つになったスキー場で、関西では最大です。

どちらかで一日リフト券を買えば両方のコースが楽しめて、コースの数も多く初心者コースから上級者コースまで揃っているので、誰が行っても楽しめるスキー場です。

関西の都心からはやや遠い場所ですが、一泊で考えるなら最高の場所だと思います。

場所:兵庫県美方郡香美町村岡区大笹580-1(ハチ北高原スキー場)

電話:0796-96-0201(ハチ北高原スキー場)

公式サイト:ハチ・ハチ北高原スキー場

車で行くならノーマルタイヤ?スタッドレス?

雪道を車で走るためには、当然スタッドレスタイヤが必要です。

ノーマルタイヤで雪道を走れば滑りますし、滑ることで立ち往生や縁石に乗り上げるだけならいいですが、人にぶつかって大けがをさせた時のリスクは相当なものがあります。

県によっては、雪道をノーマルタイヤで走ると交通違反で切符処理されてしまうところもあるんですよ。

とはいっても、一年に1回使うかどうかのタイヤを何万円も出して買う余裕はないという方も多くいらっしゃると思います。

そんな方にお勧めなのが、スノーソックです。

スノーソックはチェーンタイヤと同じ使い方をする布のカバーで、積雪のある路面にのみ使う物ですが、価格が手ごろな上に、装着がとても簡単で誰でも取り付けられます。

装着時の性能は、スタッドレスのみの場合と比べても上ですから、ノーマルタイヤでも荷物として持っていくだけで、雪が降ってきてしまった場合の安心感が違います。

今は、どの場所でも路面のスリップ防止対策が徹底しているので、ノーマルタイヤで走れる場合が多いのですが、遊んだ帰りに雪が降ってきて、雪道になったり路面が凍結っていうことも少なくありません。

ノーマルタイヤのみの方は、是非スノーソックをお試しください。

楽しく遊んだ後に天候が変わっても、安心して気持ちよく帰れますよ。

雪遊びにオススメのウェアが揃うショップ

ネットショッピング

楽天やアマゾンなどのネットショッピングは色んなショップの集合体ですから、品揃えは断トツで、ここで売ってないものは普通のショップでも買えないですね。

値段もショップごとにすぐに比較できるから、通常のショップよりも安いことが多いです。

当日や翌日に配送してくれるお店を選べば、届くまでに時間もかからないので、着るまでに数日間の余裕があればネットショッピングの方が、選び放題でしかも安いです。

ワークマン

安さと品質の良さで、昔から定評がありますが、この数年でデザインも大幅に改善されて、普段使いで着ていてもおしゃれなデザインが増えてきました。

値段に関しては、ネットショッピングを凌ぐほどの安さで、元々が仕事用のウエアショップですから、どんな天候や温度でも対応できる服が全て揃っていますよ。

もちろん、雪にも対応できるウエアも揃っていて、私も買いましたがこんなに安くてこんなにレベルが高いのかとビックリした経験があります。

唯一の欠点は、子供服の部門に力を入れていない事ですが、小さいサイズを選べば小学校高学年から中学生くらいの子供にも着れますから、子供がある程度大きくなったら選ぶお店の一つに考えてもいいですね。

仕事着のお店というイメージがあるので、抵抗がある人もいると思いますが、とにかく値段が安いので、使い捨てぐらいの気持ちで軽くお店に行ってみて下さい。

服を見て値段を見ればビックリ、さらに着てみるともっとビックリします。

実体験と思うこと・・・

雪遊びの定番は、やっぱりスキーやスノーボードだと思います。

私もスノーボードが好きで、年間パスを買ってスキー場に通っていたこともありました。

雪の中を滑る心地よさと快感は今でもよく覚えていますし、他では味わえない楽しみがあります。

雪の上で転がったり、雪だるまを作ったり、雪合戦をしたりと空気は冷たいですが気持ちは暑い(熱い)ぐらいになります。

関西では、雪にそれほど馴染みがないかも知れませんが、時間に余裕があれば是非行ってみて下さい。

行くだけでワクワクさせてくれる非現実が待っています。

まとめと感想

今回の関西の雪遊びスポット5選はいかがでしたか?

今回は、メージャーなものから穴場の無料スポットまで幅広く選ばせていただきました。

雪遊びにも色々な楽しみ方がありますし、遊ぶために必要な経費もみんなそれぞれ違うと思います。

今回は、いい所どりでスポットを5カ所紹介させてもらいましたが、これを元に自分だけの雪遊びスポットを探してみて下さい。

皆様に最高の冬がやってきますように。

今後のイベント

今後のイベントはありません