スポンサーリンク



ついに10月から消費税が8%から10%に引き上げられました。大きな買い物は10月までに済ませましたでしょうか?今回は10%の対象になる日用品や軽減税率、キャッシュレス対応などとても複雑です。それについて分かりやすくご紹介していきます。

8%のままの商品って何がある?

10月から引き上げられた消費税ですが条件を満たすと8%のままの物があります。

それは大きく分けて、

  • 飲食料品(酒類は除く)
  • 週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)

飲食料品は外食が10%で持ち帰りは8%

例えばスーパーのイートインでの食事は10%で、購入して持ち帰る場合は8%になります。

店内で飲食する場合はあらかじめその旨を精算時に申告するようになっているお店が殆どです。
申告した場合は10%になります。

酒類は除くとありますが、これは酒税法で酒類とあるものは軽減税率の対象外となることということです。

酒類に分類される本みりんは10%でみりん「風」の調味料は8%になります。

他にもアルコールが1%未満のノンアルコールビールや甘酒も8%に分類されます。

ここでご注意いただきたいのは水道水とミネラルウォーターの分類です。ミネラルウォーターは飲み水としてのみ使用するので8%水道水はお風呂や洗濯など飲料以外でも使用するので10%になります。

次に新聞の軽減税率ですが以下の条件が当てはまります。

  • 定期購読契約が締結されている
  • 週に2回以上発行される
  • 政治や経済等の一般社会的事実を掲載されていること

この条件を満たさなければ軽減税率の対象にはなりません。

少し特殊ですがスポーツ新聞や業界紙・英字新聞等でも先ほどの3項目を満たしているので軽減税率の対象になります。

反対にコンビニや駅で購入する新聞等は定期購読契約が結ばれてないので対象外になります。

もし、コンビニ等で購入している方がいればこれを機に定期購読にチェンジするのはいかがでしょうか。また、電子新聞は対象になるか気になりますが、これは残念なことに対象外になります。理由としては新聞の紙媒体を現物で購入した場合のみ当てはまるので電子新聞は対象外になります。

ポイント還元でお得にする方法

キャッシュレス決済なら支払額の2%か5%のポイント還元をされます。還元したポイント分は政府が負担する仕組みになっています。

システムによってポイント還元が難しい場合はポイントを発行してその場で使用するという値引き方法や銀行口座から引き落とす際にポイント分を差し引く方法も認められています。

ポイント還元されるキャッシュレス決済はクレジットカード決済やコード決済、電子マネー決済などあります。もちろん現金払いは適応外なので注意しましょう。

還元率は5%と2%の2種類があります。

5%になるものとしては中小企業の店舗での買い物が5%に設定されています。外食チェーンやコンビニのフランチャイズ店は大手企業として扱われ、2%の還元率になります。

しかしセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの大手3社では自社がポイント還元率を負担することで5%を維持していますし、吉野家でも同じような動きがあります。

消費税が上がることによって良くなる制度は?

消費税が上がることによってデメリットが多く取り上げられていますがメリットもあります。

そのメリットとして幅広い世代が同じ税率を収めることにより現役世代だけに負担がかかるのを防ぐことができます。またこれから増えるであろう訪日外国人に対しても同じように徴収することができます。

地方自治体にも消費税は分配されるので地方の財源も確保することができます。購入するたびに税がかかるので脱税等も防ぐことができます。

実際に増税後に感じたこと

今までは税の仕組みやメリットデメリット等をご紹介しましたが今度は実際に増税して感じたことをお伝えしようと思います。

今回の増税では私含め周りの人はそんなに大きな反応はなかったと思います。どちらかというとまたか、とかあきらめムードだったような感じです。しかしこれを機に日常の買い物や食料品の買い物はカードでなるべく済ませるようになりました。実際にレジで金額が引かれているのはお得感はありました。

職場では契約等は10%になるので書類の改正などで少しまごついた印象ではありましたが8%の時に比べれば慣れたようで粛々と進んでいきました。

しかしこれからは確実に財布の紐は固くなると思います。今は未定ですが軽減措置のキャッシュレス決済も10%に上がってしまうことを考えるとこれからは大きな買い物はどんどんしなくなるのではないでしょうか。

現に私もカメラを買おうと検討していましたが諦めました。このように増税で買おうと思っていても諦めた方は多いのではないでしょうか。

まとめと感想

今回の増税は10%の大台に乗ってしまいましたがキャッシュレス決済を賢く使えば日用品などは今までと同じように買うことが出来ます。これを気にキャッシュレス決済へ移行するのも一つの手段かなと思います。

今後のイベント

今後のイベントはありません