スポンサーリンク



大切な方に新年のご挨拶として、年賀状を送られていますか?

最近は年賀はがきではなく、LINE等のメッセージツールを利用される方が多いと思いますが、年賀はがきならではのお得もあります。

新年のご挨拶も出来て、商品も当たるかもしれない年賀状。そんなお年玉年賀はがきの、2019年版の当選番号を見てみましょう。

お年玉付き年賀状の当選番号は?2019年版

1等・・・当選番号:(下6ケタ)710129

2等・・・当選番号:(下4ケタ)1763

3等・・・当選番号:(下2ケタ)78 42 02

東京2020大会応援賞・・・当選番号:5組 263970

となっております。

公式はこちら→https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2019/00_honsha/0120_01.html

東京2020大会応援賞というのは、券種限定の商品となります。対象となる年賀はがきは東京2020大会[寄付金付]年賀はがきのほか、無地、無地(くぼみ入り)、無地(インクジェット紙)、無地(インクジェット写真用)の年賀はがきです。

ちなみに、送らなかった残りのはがきも抽選の対象になりますので、捨てないでしっかり確認して下さいね。

ただ、皆さんが思うのは、いちいちチェックするのがめんどくさいという事。そんな思いを解消するのが、当選チェックシート

株式会社ティーディーエスさんが提供している当選番号チェックシートがおすすめです。

http://www.td-sys.com/2016/01/post-81.html

あらかじめ、当選番号を入力する手間はありますが、そのあとは下2桁を入力していくだけでその年賀はがきが当選しているかどうか分かります。

企業等、たくさん年賀はがきが送られてくる方にとっては、とても貴重なツールですね。

今年の目玉商品はこんなにすごい!

 

では、実際にどのような景品があるのでしょうか。

2019年版の1等から3等、そして一部券種限定の商品を上げていきたいと思います。

1等・・・商品(現金30万円または同額相当のプレミアム賞品)

2等・・・商品(ふるさと小包など)

3等・・・商品(お年玉切手シート)

東京2020大会応援賞・・・東京2020オリンピックへ、ペアでご招待! 旅費(交通費、宿泊費)に充当いただける旅行券付き

となっています。

ダブルチャンス

さらに、抽選は2度行われます。2度目の抽選は2019年4月20日に行われ、当選するとダブルチャンス賞というのが貰えます。商品は特別な切手シートです。

いかがでしょうか。結構豪華ですよね。実際に当たった本数は、2019年版では、1等が2,571本(100万本に1本)、2等が257,189本(1万本に1本)、3等が77,156,865本(100本に3本)、東京2020大会応援賞が194本(1000万本に1本)となっています。

1等の賞金ですが、2018年版は「現金10万円」または「12万円相当のセレクトギフト」でした。昨年と比べて3倍になっているのが嬉しいですよね。

2等のふるさと小包とは、郵便局で通年取り扱っている商品で、全国各地の特産品(主に食べ物)をゆうパックで配達してもらえるものです。ふるさと小包の内容は数十種類から自分の好きなものを選べるようですよ。

3等のお年玉付き切手シートは、62円切手と82円切手の2枚セットです。切手のイラストはその年の干支が書かれている場合が多いのですが、2019年版は招き猫が描かれていました。手元にあると、有り難いですよね。

もし切手を使えない場合は、買取業者に買い取ってもらうのも一つの手です。

引き換えはいつからいつまでにしたらいい?

では、引き換えの期限はいつからいつまででしょうか。

東京2020大会応援賞と1等~3等が2019年1月21日(月)から同年7月22日(月)までです。

ダブルチャンス賞は、2019年4月22日(月)から同年10月21日(月)までです。

期限が切れてしまいますと、無効となってしまいますのでご注意ください。

引き換え場所は、お近くの郵便局です。その時は本人確認が出来る証明書(運転免許証や健康保険証等)を持参して下さい。

ただし、当日交換できるものは切手シートのみです。切手シート以外の賞品は、窓口で当選を確認した後に、申請に必要な申込書が貰えます。その申込書に必要事項を記入すると、後日届きます。(現金は、後日現金書留で届きます)

実体験と思うこと・・・

私は年賀状を毎年欠かさず書いているのですが、昔と比べて送られてくる枚数は減ってきました。しかし、家族や親せき、しばらく会ってなかった方々から年賀状が送られてくると、嬉しくなります。

ただ、お年玉抽選に関しては切手シートしか当たった事がありません。やはり、多くやり取りをされている方のほうが、当たる確率も上がりますよね。

ただ、筆者は年賀状は新年の挨拶という意識で行っているので、おまけという感覚でお年玉抽選を考えています。

また、私はいまだに手紙のやり取りを多くしていますので、切手シートが当たった時 は正直嬉しいです。

人それぞれの価値観にもよると思うのですが、私はメッセージツールの無機質な、そっけない感じがあまり好きではありません。簡単な内容のメッセージならいいのですが、相手の事を想う、心を込めたメッセージの場合は、手紙が一番だと思います。

直筆の手紙は、メッセージツールよりも温かみがあります。切手シートが当選された方で、もし宜しければ、この機会にお手紙を大切な人に書いてみてはいかがですか?

まとめと感想

いかがでしたでしょうか?お年玉年賀はがきの詳細な内容と共に、年賀状をもう一度見直すきっかけになればという想いを込めて、記事を書かせて頂きました。

送る方の事を想う時間も含めて、温かい気持ちになって欲しいと思います。

そして、抽選の時のドキドキを家族で共有しましょう。家族の時間も年賀状で持てます。

お一人でも多くの方が、楽しく幸せになる事を願っています。

今後のイベント

今後のイベントはありません