スポンサーリンク



もうすぐ結婚10周年を迎えられる方、あっという間だったのではないでしょうか。日常を一緒に過ごしていると、家族との時間は当たり前になり、感謝や幸せを忘れてしまいがちです。

そこで、今回のスペシャルな結婚記念日には、プレゼントを用意して、ご主人に感謝の気持ちを伝えてみましょう!きっとその後の一緒に歩んでいく人生、さらに絆が深まることは間違いありません。

結婚10周年の夫へのおすすめプレゼント!

さて、ご主人へのプレゼントは何にしましょう?何がいいかなぁ?これなら喜んでくれるかなぁ?そんな風に考えている時間はとてもワクワクしますね。

今まで結婚記念日には、夫がバラの花をプレゼントしてくれたけど、この記念すべき結婚10周年には、自分のほうからもぜひプレゼントしたい!そう考えている方に、おすすめしたいのは錫(すず)製のタンブラーです。

ティファニーでお揃いの指輪やネックレス、あとはお揃いの腕時計なんかも素敵で人気もありますが、10周年ですから、ぜひ錫製品をおすすめいたします。

結婚10周年は何婚式というかご存知ですか?「錫婚式(すずこんしき)」または「アルミ婚式」と呼ばれます。錫という素材と同じように、美しさと柔らかさを兼ね備えた夫婦であるように、との意味合いがあります。錫製のタンブラーを贈りたいのはそんな理由からです。

ですが、本当にプレゼントしたいのは、タンブラーそのモノよりも、タンブラーに美味しい飲み物を入れて会話を交わす「一緒に過ごす時間」です。大切なパートナーである夫への感謝の気持ちを伝えましょう。

モノ以外の素敵なプレゼントは?

この10年間、仕事や子育てで飛ぶように日々が過ぎてゆき、2人でゆっくりグラスを傾ける時間も失ってしまってはいませんか?会話はどうでしょう?毎日顔を合わせているからこそ、言葉としてパートナーに感謝を伝えるのは難しいですね。

文章にしてありがとうのメッセージを伝えるのもいいかもしれません。そしてさらにスペシャルな時間を過ごすには、日常と違う空間へ行くのもおすすめです。

そう!旅行をプレゼントするのはいかがでしょう!時間とお金が許すのであれば、海外旅行もいいかもしれません。英語が苦手だし海外はちょっと…というかたには、国内でもハイクラスなホテルを予約したり、クルージングディナーなんかもいいですね。

最近は旅行と言えば子供中心で、テーマパークやイベント盛りだくさんの宿泊先を選択していたというご夫婦にとっては、とても特別なプレゼントになるはずです。大切なのはゆっくりと共有できる時間を持つことです。

思い出に残る演出は?

それでは、素敵な時間をより印象的なものにするために、何か演出を考えてみましょう!

やはりサプライズが効果抜群です!そしておすすめなのが、バウリニューアルです。

ご存知の方は少ないかもしれませんが、「VowRenewal」直訳すると、「誓いを再び」となります。

単に結婚式をもう1度やりたい、ということではなく、夫婦がお互いの愛を再認識するためのセレモニーとして、結婚記念日に行う欧米の文化です。

セレモニーは、こうしなければならないと決まったものはなく、「10年間一緒にいてくれてありがとう」「これからもずっと一緒にいてください」「WeStillDo」の気持ちを伝えることが大切です。

まだまだ日本での浸透率は低いですが、子供も一緒にセレモニーに参加するプランなどもあり、これこそ最高の思い出になることは間違いありません。

最近はフォトスタジオでもバウリニューアルをプランに組み込んでいるところもありますので、ぜひ今しかない自分たちの記念の姿を写真に残してはいかがでしょうか?

体験談・・・

結婚10周年という節目の年、これまではとてもスペシャルなプレゼントとシチュエーションをご紹介してきました。

ですが、すべての方がスペシャルな何かを実行できないこともあります。時間やお金や、生活を取り巻くいろんな事が、「そんな事している余裕はないわ」ということもあるかもしれません。

それでも何度かお伝えしているとうり、大切なのは一緒に過ごす時間です。

お酒を飲むのが好きなご夫婦でしたら、ほんの数時間子供を預けて、近くの居酒屋へ出かけてみませんか?

久しぶりに2人でお酒を飲めば、いつもは無口なご主人とも結婚当時の思い出話に花が咲くかもしれません。

甘党の2人であれば、近所のケーキ屋さんでロールケーキにろうそくを10本つけてもらって、一緒に食べましょう!小さなお子さんがいても、気兼ねなく一緒にお祝いすることができます。

そうして「まあ、今まで色々あったけど、これからもよろしくね」そう伝えることができれば、それはもう、どのスペシャルにも負けないくらいの結婚10周年の思い出になります。

まとめと感想

いかがでしたでしょうか?結婚して最初の10年は、お互いが夫婦にそして家族になるためのあっという間の10年だったでしょう。

家族の形が様々であるように、きっとご夫婦によってどんな形のお祝いが良かったと感じるのか違うはずです。

ご紹介してきたいくつかのプレゼントを参考にしていただいて、今までの「感謝」とこれからの「絆」をぜひパートナーへ伝えてください。

さあ!自分たちだけのオリジナルのプランを立てて、思い出に残るアニバーサリーにしましょう!

今後のイベント

今後のイベントはありません