スポンサーリンク



皆さんは今まで一度でもスマホの画面が小さいなだったりこのスマホの画面をテレビに写す事は出来ないだろうかと思った事はありませんか?

実は今回紹介する方法で誰でも簡単にスマホの画面をテレビに写す事が出来るんです。しかも接続方法は無線なので無線の場合は配線が邪魔になら無いというメリットもあります。

勿論デメリットもありますがそちらも併せて紹介していきたいと思います。

更に、どのようなアイテムを買えば良いのかおすすめの商品接続方法も実体験を踏まえて紹介します。また、iPhoneAndroid両方の接続方法を簡単に説明していきます。

スマホの画面をテレビに映すにはどうすればいい?

そもそもスマホの画面をテレビに映す方法として大きく分けて2つ有ります。まず今回紹介せさせて貰う接続方法は無線で接続する方法です。

無線で接続の場合

メリット

この場合メリットとしては一度接続してしまえば次回から接続する時にはスマホからの設定で簡単に接続する事が出来る機種が多く有ります。

デメリット

デメリットとしては無線なので状況によっては遅延が出たり画像が不鮮明に映ったりなどがある場合も見受けられます。

またWi-Fi環境が無いと無線でのディスプレ表示は不可能なので表示したい場所やディスプレの場所にWi-Fi環境がない場合は必然的に有線接続でしか表示ができな事が挙げられます。

また、無線接続の場合は別途専用の機械が必要ですのでそれらの機械をお持ちでなければ少しハードルとしては高くなってくるでしょう。

有線で接続の場合

メリット

次に有線接続の場合メリットとしては安定したパフォーマンスに期待が出来る事でしょう。

更に、アダプターに対応しているスマホをお持ちでしたらアダプターを購入してしまえば簡単にディスプレに表示する事も出来るのでかなりお手軽に表示する事は出来ます

。表示するディスプレイによりますが拡張性の幅が大きいのもメリットとして考えられます。

デメリット

デメリットとしては有線なので室内がごちゃごちゃしたり接続をするのにもiPhoneなどのスマホを取り出してコードを接続してその後にスマホ操作を行いディスプレイに表示するという流れがありますのでやはり接続一つを取っても手数が増えて面倒だったり億劫に感じてしまう事が多くあると思います。

無線での接続方法

まずiPhoneの接続方法として最も簡単な方法として「Apple TV」を使用してお手持ちのテレビに接続する方法です。

iphone

元々iPhoneにはミラーリングという機能がありますのでそちらを活用してApple TVに表示したいデータを飛ばしてテレビ画面などの大画面のディスプレイに映し出すとういう方法になります。

映し出したいディスプレイにあらかじめApple TVを接続しておけばいつでも手軽にiPhoneからディスプレイに表示させる事が出来るので親戚の方が遊びにきた時でもiPhoneの中にある写真や動画などを大人数で楽しむ事が出来きたりゲームアプリを皆んなで観戦しながら楽しむ事も出来ます。

Android

Chromecast」を使用してディスプレイに接続する方法があります。こちらの機械もあらかじめ表示したディスプレに接続しその後にAndroidで表示する方法となっています。AndroidでもiPhoneのように簡単に接続する事が出来ます。

何を購入したらいい?

ディスプレイに無線で表示する場合必要となってくる機器としてはまずiPhoneの場合は「Apple TV」が必要でAndroidの場合は「Chromecast」が必要になります。

勿論Wi-Fi環境も必要なのであらかじめWi-Fi環境などを整えておく事が必要になってきます。

Wi-fi環境を整える事でデータ通信量も気にせずにこれらの機器を使用する事が出来るのでもし自宅にWi-fi環境がない方は一考する価値はあると思います。

これらの準備ができない場合はケーブル接続を行いスマホの画面をテレビに映すことは可能なのでそちらの方法を考えましょう。

これらの「Apple TV」や「Chromecast」は少しだけデメリットがあります。それは値段です

Apple TVは高いもので20000円を超える機種もありますしChromecastは高いもので10000円で少しお釣りが戻ってくる値段になっています。

勿論メリットもありApple TVにはリモコンが付属されていて音声入力やSiriに対応しています。テレビ視聴は勿論のことテレビ電話(FaceTime)も擬似的には使用する事が出来ます。

接続方法は難しい???

Apple TVChromeacastは接続方法や設定としてはとても簡単です。

どちらも電源ケーブルとテレビに接続をするケーブルが有りますので自宅のコンセントから電源を取りディスプレイに接続をするだけなので誰でも簡単に接続する事が出来ます。

テレビに表示する際はアンテナコードをテレビに挿しておきましょう。そうする事でテレビの録画にも対応する事が出来ます。

体験談

私自身は遅延などが気になったら嫌だった事もあり有線接続方法でテレビに表示をしています。

実はこの接続するときに必要となるアダプターを買っておくとHDMI端子が備えてあるディスプレイにはほとんどスマホの画面を映す事が出来るのです。

このアダプターを使用する事で私は車のカーナビにスマホの画面を映し出して子供たちと遠方へ出かける際にはYouTubeなどを流して子供達が退屈しないように活用しています。

また、好きな歌手のPVなどを流してドライブを楽しんでおります。

このように有線接続のメリットとしてはHDMI端子が備えてあるディスプレイには殆どスマホの画面を映す事ができるというメリットもあります。

まとめと感想

今回はスマホの画面を簡単にディスプレイに映し出す方法を紹介していきました。

有線の場合は一度必要なコード類を購入しておくとWi-fi環境などに左右される事なく様々な場所で活用する事が出来るメリットがあります。

無線接続のメリットとしてはWi-fi環境が整っている場所に限りスマートに大画面でスマホの画面を映し出して楽しむ事が出来ます。

これらのことを考慮するとよく自宅などで友人知人などが集まるような人は無線接続でスマホの画面を表示出来るようにしておくことで様々な場面で活躍する事が出来るのではないでしょうか。

Wi-fi環境が無かったりApple TVChromecastにあまり費用をかけたくない場合は有線接続を試みる方が良いでしょう。

こちらの場合は様々な場所で使用できますし、拡張性としてもありますので他にも使い道としてはありますのでお買い得な買い物になるでしょう。

今後のイベント

今後のイベントはありません