スポンサーリンク



ついに待ちに待った東京オリンピックが来年開催されますね。再抽選はいつから申し込める?どうやって購入したらいいの?狙い目な競技は?気になる申込方法や疑問をまとめていきたいとおもいます。

日々オリンピック熱が上がっていく中、5月にチケット抽選販売が始まり、6月には抽選結果が発表されました。公式販売サイトにアクセスが殺到し、一時ログインできない状況が続きニュースになりました。当選し来年がさらに楽しみになった人、残念ながら落選してしまった人も多くいるはずです。
そんな方に向けての再抽選のチャンス、第1次抽選の追加抽選販売が実施されることになりました。

オリンピックを見たいけど再抽選はいつあるの?

第1次抽選に落選しチケットを購入できなかった人、まだ諦めないでください。
実は東京オリンピックチケットの第1次抽選販売で落選し、購入できなかった人のみを対象とした第1次抽選の追加抽選販売があるんです。

第1次抽選販売で1枚も当選しなかった人のみになるので、応募をしなかった人、1枚でも当選した人は抽選に参加することはできません。
また、当選したけれど購入手続きをしなかった人も対象外になります。

公式販売サイトにて8月8日~8月19日の期間に再抽選申込みができます。
抽選結果発表は、9月11日に発表され公式販売サイト内の「マイチケット」から確認することができます。当選した人は9月11日~9月24日までにチケットを購入手続きをする必要があります。

また、2019年秋に第2次抽選販売が始まるのでまだまだチャンスはあります。

とにかく見たい!狙い目の競技は?

追加販売では、収容人数が多い団体スポーツや前回の販売で倍率が低かった競技を中心に20競技・170セッションのチケットが販売されます。

セッションとは、チケットが販売される単位のことで、1つのチケット販売が1セッションとなります。

予選ラウンド、決勝ラウンドも販売されるので人気のある陸上や野球、サッカーは倍率が高く、チケットの価格も高めに設定されているため当選が難しくなりそうです。

また、開会式、閉会式は今回の抽選販売の対象になっていない為、次の2次抽選販売の機会を待つことになります。

収容人数も多く狙い目な競技は、ホッケーハンドボールテコンドーになります。チケットの価格が比較的安い、カヌー近代五種も倍率はそこまで倍率は高くないと思われます。

この機会に普段なじみのないスポーツを観戦してみるのもいかがでしょう。

また応募の際に、自分の応募した席は落選したが、一つ下の席で当選するカスケードサービス第2希望選択サービスを一緒に申し込んでおくと当選する確率が上がります。

申し込みの注意点は?

いざ、申し込みをしようとしたときに気を付けなければならない注意点があります。
今回の追加抽選は、前回の1次抽選販売で1枚も当選しなかった人のみが対象になります。

また、申し込める競技は、水泳、野球、サッカーなど決まった競技のみになります。

1セッションの申し込み上限は、決勝などのメダルセッションは4枚、予選などのセッション6枚になります。

1つのIDで2セッションまで申し込みができますが、2セクション以上申し込みをした場合は自動的に落選になります。
誤って複数のセクションを申し込んでしまってもエラーメッセージなどはでませんので、申し込みの際は確認をしてください。
また当選確認は必ず公式販売サイト内の「マイページ」から確認する必要があります。はがきや電話での抽選結果発表はありません
また、申し込み開始直後や終了間近はサイトが混雑し繋がりにくくなりそうなので、余裕をもってアクセスをしてください。

購入方法はむずかい?ログインしてからの流れ

購入は全て東京オリンピック公式販売サイトから応募することになります。https://ticket.tokyo2020.org/

応募をし、めでたく当選したあとは、9月11日~9月24日までに公式販売サイトにてログインをして手続きを行わなければなりません。

この期間内に手続きを行わなかった場合、無効になってしてしまいます。

公式販売サイトの「マイチケット」をクリックし「ログイン」→「申込履歴」→「詳細」に進み当選内容と購入者情報の確認から手続きをします。
その後、「チケットタイプの選択」、「支払方法の選択」と進んでいくと手続きは完了します。

当選したチケットは全て一括購入になります。購入後の変更やキャンセルはできないので注意してください。
支払い方法は、VISA決済現金決済のみになります。VISAであればクレジットカード、プリペイドカード、デビットカードを使用することができ、現金決済はコンビニ払いも利用できます。

まとめと感想

東京オリンピック第1次抽選の追加抽選販売申込みについて紹介しました。
注意点や前回の1次抽選で落選した人のみなど制限はありますが、手続きはさほど難しくはありません。
水泳や野球、サッカーなどたくさんのスポーツを生で観戦できるチャンスなのでこの機会にぜひ申込みをしてみてください。

今後のイベント

今後のイベントはありません