スポンサーリンク



お孫さんがいる祖父母の皆様には年始のご挨拶と共に”お年玉”というイベントがやってまいります。 親戚に兄弟(甥っ子・姪っ子)・いとこが多い場合は大変です。しかし受け取った時のあの笑顔がまた見たい!とおもっている方もいることでしょう。 そこで年齢別の相場が一体どのような状況であるかご説明をさせて頂きます。

おじいちゃん、おばあちゃんが孫にあげるお年玉の相場はいくら?

お年玉は一般的に何歳からあげて、その相場はいくらなのかを年齢別に記していきます。

赤ちゃん・幼児(生後~2歳)

産まれてきた孫の可愛さにミルク代・おむつ代として1,000円~3,000円(本人はまだ使用できないので親である息子・娘夫婦に渡す)

ミルク・おむつ代は月に15,000円程度はかかる為少しでもいいので助かるママは多いようです。

未就学児(3歳~6歳)

500円~1,000円(お菓子やおもちゃなどの現物もあり)※何が欲しいかは事前のリサーチが必要です。幼児は口に入れたりするので小さいおもちゃは注意しましょう。

小学校低学年(1年生から2年生まで)

1,000円~2,000円

小学校中学年(3年生~4年生)

2,000円~3,000円

小学校高学年(5年生~6年生)

3,000円~5,000円

中学生

5,000円

高校生・専門学生・大学生

5,000円~10,000円

お年玉袋への入れ方と折り方

表側(肖像)の左から内側に折り三つ折りにします。ご祝儀と同じ考えで出来れば新札がよいでしょう。硬貨は取り出したときに表側(製造年月では無い方)が上になるように入れます。

結婚式・香典においては「4」が付く金額は縁起が悪いとされますが、お年玉については決まりがありません。しかし受け取る相手方次第となるという事だけは頭の隅に留めておきましょう。

それと年齢に見合わない額をあげると相手の親が気を遣う可能性や、今後年齢があがるにつれ相場の高騰につながり大変なことになりますので注意が必要です。

喪中の場合

忌服期間を過ぎていれば渡しても問題ありません。「おめでとう」などのお祝いの言葉は使えないので、お年玉袋ではなく無地や白い封筒に入れてそっと渡すのがよいでしょう。

みんなはいつまでもらってる?

大まかに分けると以下の3パターンになるようです。

  • 高校を卒業するまで(18歳まで)
  • 成人まで(20歳まで)
  • 社会人になるまで(22歳まで※大学生)

大学にいっても高校を卒業した時点で貰えなくなる場合や、大学にいっても成人になったら貰えなくなった場合と様々です。

中には高校生になりアルバイトをするようになったら貰えなくなった。社会人になって給与を貰っているのに祖母がくれるからと受け取っている方もいて様々です。

一つの目安として自分でお給料をもらうようになったらという風潮が大きいかもしれませんね。

親が預かる?子供に任せる?

小学生は親が預かり、貯金管理がほとんどを占めます。中学生以上になってから自己管理をさせているというご家庭が多いようです。

小学生の親は子供専用の口座で貯金をしていることが多く、必要な時に必要な分だけを渡す方式をとっています。

お年玉は「お金教育」の絶好のチャンスと位置付けていいでしょう。数の計算を学び、お店での支払い・お釣りの受け取り方も実体験できます。

正しい金銭感覚を養い、欲求のコントロールを身に付ける事は将来的にも大切な教育です。その為親が預かり、貯金すること自体は良いのですが、預けっぱなしは良くありません。

お金教育は家庭・家族での取り組みこそが重要なのです。親から見れば一見無駄遣いに見えるようなモノでも叱ってはいけません。自分で考え、悩み、買ってから失敗してもそれが良い経験となります。

お返しはどうしてる?

もしお年玉を頂いた相手側に成人していないお子さんがいた場合は、そのお子さんの年齢の相場に合った金額のお年玉をお渡しすればよいです。

いつも頂いてばかりで心苦しい場合は、旅行したときのお土産を持参したり、食事をご馳走したりなど感謝の気持ちを伝える方法もあります。

決してやってはいけないのが、現金だけで返すお礼です。大変失礼になるのでやめましょう。

お礼をしたのに「必要ない、他人行儀だ」、反対にお礼をしないと「親しき中にも礼儀あり」だとか、思われてしまうケースもあるかもしれませんが、親も子も相手に対し率直に感謝を伝えることがとても大切なことです。

まとめと感想

“お年玉”の年齢別の相場と”お年玉”関わる問題を説明させていただきました。

子供の頃、祖父母にお年玉を貰うあの瞬間が嬉しくてお正月が待ち遠しかったという人もいることでしょう。相場はこれからも時代や世の情勢によって少しづつ変化していきますが、変わらないのがお年玉を貰った時に見せる、あの喜びの笑顔です。

色々な諸説がありますが、お年玉は江戸時代から続く日本の大切な文化の一つです。この文化の伝統を知り、渡す側も受け取る側も感謝の気持ちを忘れずに続けていきたいものです。

今後のイベント

今後のイベントはありません