スポンサーリンク



13回忌の法事(親族の場合)について:故人がお亡くなりになって12年目に執り行います。一周忌と違い親族のみで執り行うことが多いです。故人を供養する事により親族同士が互いの繋がりを再確認する場でもあります。お斎(会食)を含む事もあり香典とその金額についてご説明します。

法事のお香典の相場の金額っていくらなの?

お香典の金額は法事でのお斎(会食)・返礼品を考慮して設定します。

親族の場合は一般的に1万円〜2万円が目安になります。ひとりで出席の場合は1万円です。夫婦で出席の場合は2万円~3万円、未成年の子供がいる場合はプラス5千円できりのよい金額に合わせます。

新札はNG?入れ方のルールは?

地域によって異なりますが新札は使用しないほうが無難です。手持ちに新札しかない場合は、1、2度折り目をつければOKです。但し、新札ではないからといって汚れや破れたものを入れるのは失礼になりますので避けましょう。

お金の入れ方

中袋を裏にしてお札に描かれている肖像が下になるように入れます。お札が2枚以上の場合は向きも揃えましょう。中袋がない場合、外包みを裏にして、中袋同様にお札の肖像が下になるように入れてください。

香典袋の書き方は?

13回忌のお香典表書きは御仏前、御香典、お香料を使用してください。御霊前は四十九日を過ぎたら使用しませんのでご注意ください。

書き方

必ずしも薄墨筆ペンを使用しなければならない事ではありません。サインペンや万年筆を使用しても問題ありませんが、細いボールペンや鉛筆を使用するのは避けたほうがいいです

特に中袋は遺族に住所・氏名・金額を確認してもらうため、読みやすい字のほうがよいためです。

渡し方はどうするの?

お香典の渡し方は袱紗(ふくさ)に包み、葬祭会館等の場合は喪主の方にご挨拶した後にお渡しします。受付がある場合はそちらにお渡しします。

自宅でとり行われる場合は、喪主にご挨拶したあと仏壇に拝むときにお供えします。相手側から見て表側が見えるようにお渡しします。

袱紗の(ふくさ)の色は濃い紫が一般的とされます。タブーとされている渡し方は、袱紗(ふくさ)ごとそのままお渡しすることです。不幸を渡すという意味合いがあるので注意してください。もしバックなどを持っていない男性が持参する際は、上着の内ポケットに入れて直前で出すようにします。

お供え物はどんなものがいいの?

お供え物ですが、故人が好きだったのものが良いとされますが、賞味期限が短いものは避けたほうがよいです。出席された親族で分けることも多いので個包装になっているものがよいでしょう。具体的には個包装になっている焼き菓子やゼリーなどが挙げられます。

まとめと感想

法事(13回忌の親族の場合)について説明させていただきました。色々なマナーがございますが、本当に一番大切なのは故人への思いと遺族へのねぎらいです。祖父母の場合は孫の顔見せの場にもなります。そして親族の大切さや絆をあたらめて強く感じることができるでしょう。

  • 13回忌は親族で執り行うことが多い
  • 香典相場(親族:1万~2万円+子供5千円)
  • お香典のお札の入れ方・書き方・渡し方に気を付ける。
  • お供え物は賞味期限が長いもので個包装を選ぶ。

今後のイベント

今後のイベントはありません